2011年12月30日

J1J2下克上始まる天皇杯

J1J2下克上始まる。セレッソ大阪、横浜FマリノスというJ1のチームに勝ち、J2のFC東京と京都サンガが来年元日の天皇杯の決勝戦を争うこととなった。
J2のチームが天皇杯決勝に進出することも初めてなら、決勝をJ2の2がチームが争うこととなる現実をJ1のチームはどう思っているのだろう。天皇杯が実力とともに時の運の影響もあるであろうトーナメントだとしてもJ1J2の実力差が切迫してきた証左ではないか。
posted by とぴお at 00:32| Comment(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

日本サッカー新時代〜2014年への旅〜

日本サッカー新時代〜2014年への旅〜 今晩これ見ます。24:20からです。将来のさっかー界が気になる人は見るべき番組です。
出演
本田圭祐(CSKAモスクワ)
香川真司(ボルシア・ドルトムント)
清武弘嗣(セレッソ大阪)
アルベルト・ザッケローニ監督
posted by とぴお at 21:25| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

サッカーも世界も変わった バルセロナ対サントス

バルセロナは凄かった、史上最強でしょう!
四年に一度の行われる国代表のワールドカップよりもその洗練度でCWCが上!
かつては美しいサッカーは数多くあったが勝負に負ける歴史があった。メッシという歴史に残る天才選手がいることも理由だが
こんなに美しいパスサッカーで且つゴール奪取して優勝してしまう。
なんといっても個人技が素晴らしい南米サッカー界を勝ち抜いてきたブラジルのクラブサントスがなんと三割もボールポゼッション出来ないのだ!
一昔前なら信じられない!
時代は変わったのだ
ちんたら、練習時間も守らずに集まり、いつの間にか始まり、なんとなく終わるという南米人気質では勝てないということだ。
スペインのクラブであるバルセロナも同じく国民性としては日本人からすればルーズだろうがバルセロナというクラブはチームとしての厳格な規律を若い頃から下部組織に身につけさせ、才能溢れる若い選手達に相手や周囲への敬意、感謝を教えているのだ。決勝戦先発の九人が下部育成機関出身だということにも如実に表れている。

311以降、世界は変わったと思う。サッカーも時代は変わった。わがままな才能溢れる個人の技術だけではもう勝てないのだ。その上に、他者への敬意、チームスタッフやチームメイトへの感謝や敬意や、謙虚な態度といった、精神面が日ごろからの練習で培われ、本番で発揮される時代だ。
posted by とぴお at 17:10| Comment(0) | CWC クラブワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。