2012年02月24日

高梨沙羅選手おめでとう

トルコのエルズルムで行われているノルディックスキーの世界ジュニア23日、女子ジャンプで高梨沙羅(北海道・上川中)が優勝!
 女子ジャンプ(HS109メートル、K点95メートル)で高梨沙羅が1回目に108.5メートルの最長不倒をマーク。2回目には107.5メートルを飛び、合計276.5点で優勝した。2位はサラ・ヘンドリクソン(米国)。
 女子ワールドカップ(W杯)で最高2位に入っており、1月の冬季ユース五輪では金メダルを獲得した。
 伊藤有希(北海道・下川商高)は7位、山田優梨菜(長野・小谷中)は11位、田中温子(北翔短大)は15位だった。 最近男子ジャンプはあまり目立った成績を残せていないが、伝統的に日本人の体格に適した種目といえるので、女子も世界トップを席巻できる可能性があると思っていたところ、有望なスーパー中学生が出てきてくれたことに、将来この種目の明るさを感じる。それにしても、父と兄が元ジャンプ選手とジャンプ選手ということで環境が人を作るのだなとつくづく思う。
posted by とぴお at 01:41| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。