2011年12月30日

J1J2下克上始まる天皇杯

J1J2下克上始まる。セレッソ大阪、横浜FマリノスというJ1のチームに勝ち、J2のFC東京と京都サンガが来年元日の天皇杯の決勝戦を争うこととなった。
J2のチームが天皇杯決勝に進出することも初めてなら、決勝をJ2の2がチームが争うこととなる現実をJ1のチームはどう思っているのだろう。天皇杯が実力とともに時の運の影響もあるであろうトーナメントだとしてもJ1J2の実力差が切迫してきた証左ではないか。
posted by とぴお at 00:32| Comment(0) | 天皇杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。